埼玉150年の歩み 埼玉県誕生から今日に至るまでを貴重なアーカイブ写真とともに振り返ります。産声を上げた150年前から大きく変わった街並みもあれば、150年前の面影を残す風景も…。埼玉150年の歩みをぜひご覧ください。埼玉150年の歩み 埼玉県誕生から今日に至るまでを貴重なアーカイブ写真とともに振り返ります。産声を上げた150年前から大きく変わった街並みもあれば、150年前の面影を残す風景も…。埼玉150年の歩みをぜひご覧ください。

1934昭和9年
新国道(現在の国道17号志村~大宮間)開通。
1936昭和11年
二・二六事件勃発。
1939昭和14年
第二次世界大戦勃発。
1940昭和15年
大宮公園内に県営陸上競技場が竣工。
同年
戸田漕艇場(ボートコース)が竣工。
1941昭和16年
太平洋戦争開戦。
1942昭和17年
世界初の海底トンネル「関門トンネル」下り線が開通。
1943昭和18年
1県1銀行の国策により埼玉銀行(現埼玉りそな銀行)が創立。
1944昭和19年
1県1日刊紙の国策により埼玉新聞社が創立。
1945昭和20年
終戦前夜、熊谷大空襲により死者266人、焼失家屋3,630戸の被害。

終戦前夜、熊谷大空襲により死者266人、焼失家屋3,630戸の被害。【30】

同年
県人口2,047,090人と200万人を突破。
1945昭和20年
ポツダム宣言受諾・太平洋戦争終戦。
1946昭和21年
蕨町(現蕨市)、全国に先駆けて成人式(成年式)を実施。

蕨町(現蕨市)、全国に先駆けて成人式(成年式)を実施。【32】

1946昭和21年
日本国憲法公布。
1947昭和22年
カスリーン台風により利根川と荒川が決壊。死者101人、家屋全半壊936戸、流失家屋396戸の被害。

カスリーン台風により利根川と荒川が決壊。死者101人、家屋全半壊936戸、流失家屋396戸の被害。【33】

1948昭和23年
県庁舎が全焼し、浦和市(現さいたま市)内で分散執務。

県庁舎が全焼し、浦和市(現さいたま市)内で分散執務。【34】

1949昭和24年
GHQ(連合国総司令部)が1ドル360円の単一為替レートの設定を発表。
1949昭和24年
埼玉大学が発足(旧制浦和高校、埼玉師範学校、埼玉青年師範学校)。

埼玉大学が発足(旧制浦和高校、埼玉師範学校、埼玉青年師範学校)。【35】

1950昭和25年
県庁再建地、浦和と大宮で争い、県議会で浦和に決定。

県庁再建地、浦和と大宮で争い、県議会で浦和に決定。【36】

1951昭和26年
第1回紅白歌合戦が正月のラジオ番組としてスタート。
同年
サンフランシスコ平和条約・日米安全保障条約調印。
1953昭和28年
NHKが日本初の地上波テレビ放送を開始。
1953昭和28年
町村合併促進法施行。本県でも町村合併が進み、1953年の8市49町266村(323市町村)から、1959年には23市33町39村(95市町村)に(「昭和の大合併」)。

町村合併促進法施行。本県でも町村合併が進み、1953年の8市49町266村(323市町村)から、1959年には23市33町39村(95市町村)に(「昭和の大合併」)。【37:川越市と周辺8か村による合併協議の様子】

1957昭和32年
第1次南極地域観測隊が南極に上陸。
1958昭和33年
東京タワー完成。
画像提供

本年表に掲載される写真やその他の著作物に関する著作権、所有権、その他権利は埼玉県、またはその他の権利者に帰属します。埼玉県、またはその他の権利者の許諾を得ずに使用することはご遠慮下さい。
【タイトル】9枚とも『埼玉県史料叢書21 フィルムのなかの埼玉』より 【30・33左・36左】 埼玉県立図書館所蔵資料 【32】蕨市より 【33右・34・35・36右・37】『埼玉県史料叢書21 フィルムのなかの埼玉』より