埼玉150年の歩み 埼玉県誕生から今日に至るまでを貴重なアーカイブ写真とともに振り返ります。産声を上げた150年前から大きく変わった街並みもあれば、150年前の面影を残す風景も…。埼玉150年の歩みをぜひご覧ください。埼玉150年の歩み 埼玉県誕生から今日に至るまでを貴重なアーカイブ写真とともに振り返ります。産声を上げた150年前から大きく変わった街並みもあれば、150年前の面影を残す風景も…。埼玉150年の歩みをぜひご覧ください。

1991平成3年
台風18号の豪雨により床上・床下浸水23,500棟の被害。

台風18号の豪雨により床上・床下浸水23,500棟の被害。【59】

県の蝶と魚、ミドリシジミとムサシトミヨに決定。

同年:県の蝶と魚、ミドリシジミとムサシトミヨに決定。【60】

1992平成4年
PKO協力法成立。
1992平成4年
県の愛称、「彩(さい)の国」に決定。

県の愛称、「彩(さい)の国」に決定。【61】

1993平成5年
日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)開幕。
1995平成7年
阪神・淡路大震災発生。
同年
営団地下鉄駅構内で地下鉄サリン事件発生。
2000平成12年
さいたま新都心街びらき。9月には、さいたまスーパーアリーナが開設。

さいたま新都心街びらき。9月には、さいたまスーパーアリーナが開設。【62】

2001平成13年
浦和市、大宮市、与野市が合併し、県内初の100万都市、さいたま市誕生。以後、県内で市町村合併が進む(「平成の大合併」)。

浦和市、大宮市、与野市が合併し、県内初の100万都市、さいたま市誕生。
以後、県内で市町村合併が進む(「平成の大合併」)。【63】

2001平成13年
9.11 アメリカ同時多発テロ事件発生。
埼玉スタジアム2○○2が開設。2002年FIFAワールドカップの会場に。

同年:埼玉スタジアム2○○2が開設。2002年FIFAワールドカップの会場に。【64】

2002平成14年

県人口が700万人を突破。

2002平成14年
アジア初のFIFAワールドカップが日韓共催で開催。
2003平成15年
六本木ヒルズ開業。
2004平成16年
「彩の国まごごろ国体」(第59回国民体育大会)が熊谷スポーツ文化公園陸上競技場ほかで開催。
2005平成17年
県の愛称、「彩(さい)の国」に決定。

県のマスコットに「コバトン」を任命。【67】

2005平成17年
愛・地球博(愛知万博)開幕。
2006平成18年
「2006年FIBAバスケットボール世界選手権」ファイナルラウンドがさいたまスーパーアリーナで開催(8月26日~9月3日)。

「2006年FIBAバスケットボール世界選手権」ファイナルラウンドがさいたまスーパーアリーナで開催(8月26日~9月3日)。【68】

2008平成20年
アップルがiPhone 3Gの販売開始。
2011平成23年
東日本大震災発生。本県でも東部地区を中心に建物倒壊や液状化等の被害。

東日本大震災発生。本県でも東部地区を中心に建物倒壊や液状化等の被害。【69】

2012平成24年
東京スカイツリー開業。
2012平成24年
熊谷市の「歓喜院聖天堂」が国宝指定。
2013平成25年
訪日外国人旅行者が初めて1,000万人を突破。
2014平成26年
細川紙が「和紙:日本の手漉和紙技術」として、ユネスコ無形文化遺産に登録。

細川紙が「和紙:日本の手漉和紙技術」として、ユネスコ無形文化遺産に登録。【71】

2016平成28年
秩父祭の屋台行事と神楽、川越氷川祭の山車行事が「山・鉾・屋台行事」として、ユネスコ無形文化遺産に登録。

秩父祭の屋台行事と神楽、川越氷川祭の山車行事が「山・鉾・屋台行事」として、ユネスコ無形文化遺産に登録。

2018平成30年
7月23日に熊谷市で国内観測史上最高気温の41.1℃を記録。
2019令和元年
「平成」から「令和」に改元。
2019令和元年
ラグビーワールドカップ2019が熊谷市で開催。

ラグビーワールドカップ2019が熊谷市で開催。【74】

同年
台風19号の豪雨により、死者4名、住家7,132棟の被害。
同年
新型コロナウイルス感染症「COVID-19」が発生。
2020令和2年
埼玉古墳群が国特別史跡に指定。
画像提供

本年表に掲載される写真やその他の著作物に関する著作権、所有権、その他権利は埼玉県、またはその他の権利者に帰属します。埼玉県、またはその他の権利者の許諾を得ずに使用することはご遠慮下さい。
【タイトル】9枚とも『埼玉県史料叢書21 フィルムのなかの埼玉』より 【59】国土交通省より 【62・68】写真提供:株式会社さいたまアリーナ 【69】埼玉新聞2011年3月付 【71】埼玉新聞2014年11月付 【72】埼玉新聞2016年11月付